Biople FES vol.4 トークイベントご報告

 「自然のものに囲まれて、オーガニックライフを送る人たち」へ
ナチュラル&オーガニックのフードやコスメを取り揃えたお店

「Biople by Cosme Kitchen」

現在全国に14店舗を構えるこちらの


Biople FES vol.4 にて


2017年4月6日(木)10:00-21:00 for PRESS
2017年4月7日(金)10:00-17:00 for BUYER

ノバスコシアオーガニックス創始者のナンシー・スミサーズさんと
トークセッションをさせていただきました。

   

ノバスコシアオーガニックスの始まりと、オーガニックへのこだわり、またアーユルヴェーダの考え方をテーマに展開していく
こちら2日間のトークショー。

この日の為に来日した創始者のナンシーの、カナダノバスコシアで25年以上前に始まったハーブの研究の話。

理学療法士であり、ヒーラーでもあったナンシーのお姉さんに、納得のいくハーブ製品がないのでつくってくれないかと頼まれて
「いいよ!」と気軽に答えたナンシー。その当時はどんなことがまっているかも知らず、、、
とそこからノバスコシアオーガニックスの物語が始まります。

カナダ発の完全オーガニックにこだわった、サプリメントを作り続けるナンシーの情熱が
つくりだしたアーユルヴェーダのハーブと西洋ハーブを陰陽論で組み合わせた、女性や子どものための
ホールフーズのタブレット。

今回日本に初上陸するにあたり、土や気候、次世代へ残す生態系への想いを語ってくれたナンシー。


オーガニックという選択は、私たちの身体にとって優しいだけでなく
地球自体にもダメージのない、優しい自然なものごと、

それを強く実感したこの2日間でした。

東洋西洋、古今東西問わず
生命への慈しみが
大きく広がっていく、

そんな時代をどんどんいきていきたいと思います。

ノバッスコシアオーガニックス
公式HP: https://novascotiaorganics.jp/

アーユルヴェーダカウンセラー&セラピスト
池田 早紀


Apple Store 表参道 トークイベント     「テクノロジーがサポートする育児の未来」ご報告

 

 

テクノロジーがサポートする育児の未来
2016 年 11 月 19 日(土), 午後 1:00
Apple 表参道
150-0001 
神宮前4-2-13 
現代社会の育児にも、テクノロジーが貢献しています。託児サービスとApple Watchの連携で子供と両親もサポートする一時預かり保育施設のtsuburaを開業した山内直子氏と、tsuburaのテクノロジーを支えているドロップシステム社の大井航平氏、そして、アーユルヴェーダセラピストの池田早紀氏が、リアルなママ目線のアイディアで、育児とテクノロジーの活用や新しいライフスタイルをご紹介します。元マガジンハウス「Lips」編集長、エディトリアルディレクターの景山美香氏をモデレータに迎えて、スマートに変わる子育てについてたっぷりと語ります。ぜひお気軽にご参加ください。

 

去る2016 年 11 月 19 日(土) Apple Store 表参道にて開催されました「テクノロジーがサポートする育児の未来」トークイベントに
株式会社ドロップシステム代表取締役大井航平様、
株式会社Vanira 代表取締役山内直子様と共にアーユルヴェーダセラピストとして、

また二児の母として参加させていただきました。


多くの方にご関心をもっていただき、当日は定員を大きく上回るお申し込みをいただき、急遽20名様分枠を増やしての開催となりました。


今回はもっともアナログな世界ともいえる「育児」と、Apple Watchなどウェアラブル端末を利用した保育士さんの業務レポートや、乳児突然死症候群(SIDS)対策、また何の為のテクノロジーによる合理化かといった子育てのそもそも論から、各パネリストからの「子育てで一番大変だったことの話」など、非常にオープンでリラックスしたムードの中で多岐にわたるテクノロジーの挑戦と実践、「これから」について話ができました。

 

ちなみに、アーユルヴェーダは伝承医学として古来から現代に伝わる智慧ですが、3,000年程前の当時にとっては
時代の課題を切り開く為のまさに最先端テクノロジー。

今回のトークで◆テクノロジー(今回の場合はAppの技術開発)と◆ガジェット(今回の場合はiphoneやApple Watch)それからそれを使用する◆人(今回の場合は保育の現場の人間)のアイディアの3つが合わさった時に始めて時代が動き始める、といったことを実感しました。またその3つが巴ることは奇跡のようなことなのだとも。

人間の努力の集積と、そして愛情を結ぶ 時代の叡智に
これからも寄与してゆきたいと思う強い気持ちと

そして先人たちの想いへの感謝を込めて

未来へ。

 

 

 

 

 

 

アーユルヴェーダカウンセラー&セラピスト
池田 早紀

All photo by Apple Omotesando (c) Kensuke Tomuro 


「熊本地震支援イベント」のご報告

 

遅ればせながらのご報告となってしまいましたが、5月5日立夏の日に開いた「熊本地震支援イベント」に足を運んでくださった皆さま、気にかけてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

皆さまのおかげで、オイルマッサージは始終お客さまが絶えず、用意したサンドイッチ45食とスープ50食もすべて完売いたしました。

集まった支援金の合計額は、56685円。

そこから材料費と雑費を差し引いた36003円を、義援金として、阿蘇・西原村の障害者自立支援施設〈 たんぽぽハウス 〉さんにお届けすることになりました。

たんぽぽハウスさんは、震災以来、付近の避難所への炊き出しや、避難者の受け入れを続けてきたそうですが、タンポポハウスさんの建物自体が危険宅地認定を受けてしまったとのことで、修理のための寄付金を募っていらっしゃいます。

 

私たちのイベントを一緒に企画しサポートしてくれた気流舎・tintinさんのご友人が炊き出しのボランティアとして出向かれている施設ということもあり、今回集まったお金を届けさせていただくことに決めましたので、ご報告させていただきます。

 

そして、6月4日に、同じメンバー、同じ会場で「アーユルヴェーダと山のご馳走」というイベントを開くことになりました。

ご報告やその後の進捗も兼ねて

皆様にまたお会いすることできましたら嬉しく思います。




どうぞ引き続きよろしくお願い致します。


大きなものと繋がって存在している

人間のことを

もっともっと感じて

深く信じて生きて行けますように。

 

 


アーユルヴェーダカウンセラー&セラピスト
池田 早紀



雑誌『天然生活』2016年1月号特集にご掲載いただきました


2015年11月20日発売の雑誌『天然生活』2016年1月号の特集「私の体調管理法」の中で


アーユルヴェーダのパートを担当させていただきました。


書店で見かけましたらぜひご一読ください。



出産ご報告




ご無沙汰しております。


アーユルヴェーダセラピスト&カウンセラーの池田早紀です。



すっかり晩秋の空気、



朝晩の冷え込みも厳しくなって参りましたが



いかがお過ごしでしょうか。



私事ですが、2015年10月24日未明


長らくの産休をいただき、おかげさまで無事に第二子が誕生致しました。


本当にありがとうございました。



施術の再開は年明け以降を予定しております。



またゆっくりと




しばらくは歩んで参りますが



これからも



どうぞよろしくお願い致します。







アーユルヴェーダカウンセラー&セラピスト

池田 早紀

過去のブログはこちらです

アメブロ http://ameblo.jp/sakin-ayurveda/